はぜざんまい。



押忍!
最近、海荒れまくりなので否応なくエンガニョで潜ってばかりいます。
思わず両手開いて『はぜざんまい』て感じ。。
白石です。

photo by brucelee


スジクロユリハゼ。
慌てずよ~く見て、しっかりヒレ開いたところで、シャッター切ると良いです。


photo by brucelee


スクリブルドシュリンプゴビー。
外人ヤツシハゼです。
当時ティモちゃんは『鰭美(ひれび)ちゃん』と呼んでいたのですが、納得の綺麗さです♪


photo by brucelee


最近気になってるヤツシハゼsp.。
全然ヒレ開いてくれへん...。
暫く通いそうです。


photo by brucelee


↑のハゼは、恐らくこのハゼの大きくなった奴やと思います。
キラキラハゼによく似た、ヤツシハゼ属の一種です。

完全封鎖て...。



押忍!
今日はトライアスロン大会とのことで、マクタン中のメインの道が完全封鎖。
送迎出来へんやん。
まさかの歩きで来てもらう始末...。
こんなことするんやなぁ~、マクタン。
繁忙期じゃなくて良かったわぁ~。
白石です。

今日もまいちゃん、No ストロボで奮闘してはりました。


photo by まいちゃん


マッシュルームコーラルパイプフィッシュ。
回虫みたいやなぁ~。


photo by まいちゃん


おなか白いのに、ブラックベリー。
これはどっちか言うたら、“腹黒”言うほうの意味じゃなくて、“キイチゴ”の方のブラックベリーなんやろなぁ~。


photo by まいちゃん


ノスタルジックやなぁ~。


photo by まいちゃん


ナデシコカクレエビ。
白玉添え~。


photo by brucelee


セブにいるタイニーダートフィッシュは、やっぱりサファイアハゼだったそうです。
ひとつスッキリしました♪


photo by brucelee


このハゼ、この綺麗なヒレのディティールをしっかり出そうと思うと、やっぱり斜めじゃなくて真横やなぁ~。
基礎はしっかり押さえていきたいとこやなぁ。


photo by brucelee


実はサファイアハゼじゃない、このモエギハゼ。
名前はイエローアイフェアリーゴビー。
ほとんど一緒やねんけど、第二背鰭と臀鰭の黄色のラインがこちらは1本ずつです。


photo by brucelee


フルケルビンにて、オトメハゼ。
浅場に居て、そこそこのサイズやし、実は言うほど寄らせてくれないので、ストロボで撮ったらどうしても青被る。
こういう被写体は、フルケルビンやね。
被るんは、ちんこだけにして貰いたいもんやで。


photo by brucelee


ウミシダハート。
ユニークな形になってると、それが例え目的を持ってこれから深場に行こうとしてる途中でも、一足止めてしまうようになってしまいました...。

ハタタタタタタタテガレイーーーっ!!



押忍!
そこそこのデコ出して深場から上がって来たら、ジッフィーがお客さんに生物紹介しとる。
度肝抜かれてもーたわーーーっ!
こ、こ、これっ! バリで見なアカン思てたやつですやんーーーっ!!

まさかセブで遭えるとは...。
感動しすぎて、自分が出してたデコ忘れてもーてたわー。
あぶなー。
白石です。

photo by brucelee


ハタタタタタタタタタタタタテガレイーーーっ!!!
興奮しすぎて、ケンシロウみたいになってもーたわ。


photo by まいちゃん


めっちゃアップ!


photo by brucelee


これ、開いてない時。
普通やな...。


photo by brucelee


あまり知られていない話ですが、この方の爪 はこのハタタテガレイから出来ています。


photo by まいちゃん


あ、こっちはニセモンです。

photo by まいちゃん


バブルコーラルシュリンプ。
まいちゃん、ストロボのコンバーターが調子悪くて、今日は全てライトのみで撮影。
外部ストロボやったら貸せるねんけど、コンバーターは持ってないねんなぁ...。
旅先でこないなったら辛いなぁ~、まだ日程あるのに...。

しかし神秘的な雰囲気の写真やねぇ~♪


photo by まいちゃん


イソギンチャクモドキカクレエビ。
綺麗なエビですよねぇ~。
えらい気に入ってはりましたよー。


photo by メルナさん


ゆかりさんがキターーーっ!
僕がアクアスで働いてた時に、繁忙期の助っ人でいらしてくれてたお姉さんです。
ご飯作ってくれたり、当時沢山お世話になりました。

なのに...苗字知らなくて、普通に迎えに行って、「ゆかりさんて、あのゆかりさんーーーっ!!?」てなったのはここだけの話しです...。

ハウスリーフ3本立て。



押忍!
今日は海が荒れてまして、ボート出せず...。
俺はセブシティでのお役所仕事があったので、お客様はアーマンとマンツーマンのハウスリーフ3本。
のんびりゆっくり潜られてましたよ~。
白石です。

photo by まいちゃん


バブルコーラルシュリンプ。
背景をピンクの岩で抜いてはるところが、秀逸です!


photo by まいちゃん


ホシゾラワラエビ。
実はセブでオルトマンワラエビは見たことがないです...。


photo by まいちゃん


マメボヤの白いところがハートになってて、CUTE!


photo by まいちゃん


マルガザミ。
このイソギンチャク、蛍光グリーンで綺麗ですねー♪

明日はボート出したいなぁ~。

ヤツシ無双っ!



押忍!
うちのスタッフ、立て続けにダイコンが壊れて、一時は俺とジッフィーしかダイコン無くて、ティティンに至ってはもう「その辺の大根切って、腕に巻いとけやー。」いうてたんですが、なんとか今日全てのスタッフにダイコン支給することが出来ました。
ダイコン無いと、ついつい気ぃ大きなってまうから、危ないよね。
“だいぶ感ピューター”ちゅうてからに。
白石です。

今日は砂泥辺り攻めてきました。
ヤツシ無双ですっ!!


photo by brucelee


スパングルドシュリンプゴビー。
日本でもたまに出るそうですが、出ると日本ではイエローペッパー言われてるようです。
仕事探すなら、レッドペッパー。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.。
腹側に模様はなくて、背中側に模様が集中してるのがこのハゼの特徴です。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.。
なんとなく『ギャラクシー』て呼んでます。


photo by brucelee


ヤツシハゼsp.。
キラキラハゼ近似種のやつやと思うのですが、いつもよりすごい大きな個体でした。
普段なら第一背鰭に黒点があるのですが、それもなかったです。

photo by まいちゃん


無双の締めはイエローライナーズシュリンプゴビー。
セブのヤツシに、こいつは外されへんでしょー!

ヤツシ以外も幾つか。


photo by まいちゃん


レッドスポットドワーフゴビー。
あわさんごいっぱい♪


photo by まいちゃん


クサイロモウミウシ。
ほんま羊やなぁー。


photo by まいちゃん


シムランスのおすわり。


photo by brucelee


新しいダイコン巻いて嬉しそうなアーマン。
持ってきてくれはったまいちゃん、まっちゃんさんありがとうございました~♪

けったいな奴ら。



押忍!
ティティンさんにシェアウォーターのダイコン(Perdix)貸したって、途中ちょっと気になって確認したら設定がトライミックスになっとった...。
機能的にも見やすさ的にもめちゃめちゃええダイコンやけど、使い方知らんやつが使たら、危ないダイコンやでーーー。
おーこわっ!
白石です。

今日はけったいな奴らの紹介です。

photo by brucelee


ミスジリュウキュウスズメダイ。
ですが...尾びれにちょっと黒が入っているので、ヨスジとの中間いうことで、『3.5』って呼ばれているそうです。


photo by brucelee


ラインスポットフラッシャー。
ですが...臀鰭から棘が伸びています。
たまぁ~にクジャクベラでも見ますが、ラインスポットフラッシャーの変異体は初めて見ました。


photo by brucelee


クジャクベラ。
ですが...臀鰭の赤いところに黄色が少しだけ入っています。
初めて見るカラーパターンに、ちょっと萌えました♪

しましまストライプちゃん。



押忍!
寝ても覚めても替え歌考えてる、今日この頃。
そろそろ完成させとかななぁ...。
白石です。


photo by brucelee


ストライプヘッドドワーフゴビー。
出来るだけ背景ぼかすように、絞りはF5ぐらいにして、ガチ寄り。
対角ラインにハゼとケヤリ並べて、さらにハゼは黄金比のところ。
あとさらにハゼは正面で“しま団子”に。

水中でこんなけ考えて撮ってます。
え~え~、自分思慮深い男です。

北海道あるある。



押忍!
道産子トリオが遊びに来られてまして、ひょんなことから「こっちの子はすぐトライシクル乗って生意気や。」言う話しになったんです。
実際俺も田舎に住んでた頃は片道2~3kmの道のりを毎日走って学校へ通ったもんだ。

「そういや近道で高いところから飛び降りるとき、ランドセル投げといてその上に飛び降りたらクッションになるんですよね。」て話ししてたら、「いや。うちらはソリだよ。」って言われた。
ランドセルは乗り心地も、滑り心地も、ソリにちょうどいいらしい。
3人揃って「んだんだ。」言うて頷いてはる。
思わぬところで“北海道あるある”が聞けた、朝のショップへの道でした。
白石です。

photo by brucelee


ローズバンドフェアリーラス。
深場の貴公子です。

鬼退治。



押忍!
心を鬼にして、オニ退治。
白石です。

photo by brucelee


ストローハットに入ったら、目の前にこんな光景が...。

photo by brucelee


こんな光景がっ!!!?

アカーン!!
洒落なってないことになってるやんけっ!!!

もう5年以上前になるが...。
マイタケガーデンが当時、大規模なオニヒトデの食害に遭いました。
未だにそこのサオトメシコロサンゴは壊滅状態のまま...。
サンゴの墓場になってます。
当時沢山いたパジャマドワーフゴビーも、このポイントでは1匹も見れなくなりました...。

photo by brucelee


既にオニヒトデが通ったあと、こんなんなってる...。

photo by brucelee


こんなんなってる!!

photo by たまちゃん


ほっとったら、同じストローハットのこんなデバスズメダイが群れてるところも、全部なくなってしまう...。


photo by brucelee


オニヒトデも生き物やし、人間が自然に手を加えたりするのは、無粋なんかも知らんけど...

でも、このポイントがマイタケガーデンのようになってしまうのは耐えられへんっ!!

昔、サンゴの研究者の方から聞いたことがある。
オニヒトデは2つや3つに割っても、そこから復活するので、結果増やすだけ。
でも24分割にしたらもうそれ以上復活しなっかった(水槽でした実験だから、自然界ではどうなるか分からないと言っていたが。)。
なので、“要するにぐしゃぐしゃにしたら、水中で駆除できるだろう”とのこと。
鬼には鬼。
心を鬼にして、徹底的に駆除してきました。

photo by brucelee


冗談抜きで、100人斬りいったんちゃうかなぁ~。
「おぬしこそ万夫不当の豪傑よ!」言われる勢いで、無双したったわ。

そういえば、当時サンゴの研究者の方がおっしゃってたが、「同じポイントで2匹オニヒトデを見たら、そのポイントはかなりのレベルで食害にあってる。」って言っていた。
赤信号も赤信号。
まっかっかのストローハット。
大切なポイントやさかい、暫くモニタリングしたらなアカンなぁ~。

そんなストローハットで見てきた魚。

photo by たまちゃん


スパインチークアネモネフィッシュ。
イソギンチャクがかわいー!


photo by PURE


ゾウゲイロウミウシ。
えーとこおる!


photo by brucelee


イエローライナーズシュリンプゴビー。


photo by brucelee


スジクロユリハゼ。


photo by マキバオー


レッドブロッチドパーチレット。

おめでとー。


今日は、たまちゃんさんが1100本。
PUREさんが700本記念でした♪
W祝い、おめでとうございます~♪

あでらんす。



押忍!
うわー、びっくりした!
ログ上げてないのに寝てもーててんけど、寝落ちじゃなくて、普通に布団入って寝とったわー。
これ、確信犯のやつやがなっ!
ログ書こ...。
白石です。

photo by たまちゃん


ガマアンコウ。
また巣穴に帰ってきました。
こいつ、別荘持っとるな。


photo by たまちゃん


シロオビハゼの相方が、まさかのブトウテッポウエビ!
オドリハゼと似てるからかなぁ~~~。
新発見なり。


photo by PURE


ヅラです。


photo by たまちゃん


センジュミノウミウシ。
こないして並べたら、もはや生えもの枠ですな。


photo by マキバオー


シマヤッコ! 
えーーーーーーーーーっ! おったんか~~~い!

photo by マキバオー


ミズンの群れ。