ジョーさん、シュールせよぉ~。

押忍!
「繁忙期にシャワーが一基じゃ辛いなぁ。」思たさかい、外に新しく2基作りましてん。
ただふた開けたら、水圧がばり弱い...
「なんじゃ、こりゃぁ。じじいのションベンやないかい~!」言うてたら、ジョーさんカランくるくるくる~て外して、股間に挟んどったで。





シュールせよぉ~。
白石です。

今、スズメダイ旬です~~~。
小さい、ええサイズいっぱいでてまっせぇ~♪

photo by まっき~


ルリホシスズメダイyg.です。
めちゃめちゃ可愛いやん~~~!
これは、反則なサイズやったでぇ。
まっき~さん、完璧な『MBA』でやっつけてくれはりましたわ~♪
あ、このスズメダイが一番可愛く見えるアングル、「まっき~’s ベスト アングル」言いますねん。


photo by brucelee


オリオンスズメダイです。
ハウスリーフで見れます。
ごっつ浅場ならではの種です。


photo by まっき~


オジロスズメダイyg.です。
これ、まっき~さんのリクエストでしてん。
個体差あんねんけど、やっぱこの頭オレンジの個体がええなぁ~。


photo by brucelee


イチモンスズメダイyg.です。
ミヤコキセンスズメダイに激似なんですけど、頭のラインが眼状斑に交わる感じが異なります。
イチモンスズメダイはこんな感じで、眼状斑の真ん中にラインが接続する感じです。
ミヤコキセンスズメダイはラインの上に眼状斑が乗る感じになります。


photo by まっき~


ブルースポットドムワゼルyg.です。
これごっつ小さいサイズやってんけど、むちゃむちゃ綺麗に撮ってくれてはるやん~~~!
流石やでぇ~~~♪
このスズメダイ、パラオの内湾では腐るほどおんねんけど、セブではごっつ珍しいです。
この国に来て、このスズメダイの扱いが変わりました。

料金表改定のお知らせ

<料金改定のお知らせ>
いつもアクエリアスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
さて、誠に心苦しいのではありますが、料金改定をさせて頂くことと相成りました。

アクエリアスは、お客様に日本円でお支払い頂き、現地でフィリピンペソで経費を支払いしておりますので、此度の急激な円安が大変堪えております。
一時的なものかもと思い様子を見てまいりましたが、歯止めが利かなさそうなので、誠に不本意では御座いますが、この度料金を改定させて頂く運びとなりました。

料金表をご参照下さい。

変更点は、2ダイブを¥10,000 から¥12,000 にさせて頂きました。
3本目のダイビングや、その他オプションダイビングに関しましては、据え置きにさせて頂きます。
また、既にご予約を頂いているお客様に関しましては、以前の料金で精算させて頂きます。

どうか皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

アクエリアスダイバーズ
白石 拓己

うるとらそうる!!

押忍!
ポカリスエットにカルピスの原液を注ぐ。
少な目のカルピスで、濃厚カルピスが出来るがなっ!
やったな、俺。 やってくれたな、俺!
セブのエジソン。
白石です。

photo by まっき~


ソウルです。
まっき~さんが撮ってくれはりました。
星空みたいで綺麗やぁ~~~!


photo by brucelee


ソウルです。
同じ被写体を、今度は俺が撮ってみました。
まっき~さんのより、丸ボケが大きいです。
この辺の好みの分かれが、ソウルの醍醐味かもしれません。


photo by brucelee


ホヤです。
種明かし。
実は、上2つのソウル撮りの被写体になったホヤです。
内側の黄色と、表面の黄色の点々をどうボカしていくか、この辺がポイントになりました。

※ソウルアート:どこにもピントを合わせない、1つ上のメルヘンアート。

泣けるジュリアさんのスライドショー

押忍!
今日、ジュリアさんが作ったスライドショー、お昼にまっき~さんと見てましてん。
これぇ~。
オオサンショウウオと伊藤さんが出てきて、「うわぁ~ええ話しやなぁ~、感動したわぁ~。」いうて、ふとまっき~さん見たら.....。
目ぇから涙流して、泣いてはんねん~~~。
えぇ~~~~!? いや、感動はしたけど、そんなにぃ~~~!?
どんなけ涙もろいねん、この姉さん!
ちょっとドキっとしたぜよ。
白石です。

photo by まっき~


キャンディケインドワーフゴビーです。
此間までええトコに乗ってた奴はどっか行ってしもてんけど、かわりに on ポリプの奴が此間からいてます。
もうちょっとポリプがええ色付いてたらええのになぁ~。
と、ちょっと欲張ってみる。


photo by まっき~


ニラミギンポです。
背景にウミアザミ持って来てはります♪
しかも開いたときを見計らってシャッター切ってはります。
ほんま、エロい姉さんやでぇ~~~。
好きです、この写真♪


photo by まっき~


ホワイトラインドコームトゥースブレニーです。
“トゥース”のとこにアクセント置くのがポイントです。
あと尾柄部が綺麗なのもポイントです♪


photo by まっき~


マツゲベニハゼ(仮称)です、
ピンクに黄色が入る目が好きです♪
あと体もストライプなんですね。

先生、授業し辛いやろなぁ~。

押忍!
なんや授業中に騒いでた生徒を「われ、こら、静かにせんか~い!」いうてシバキ上げた先生が懲戒免職やねんて。
どないやねん。
そんなもん、せやけど、そういうアホな生徒に気ぃ使てたら、授業にならへんやろぉー。
事なかれ主義もええかげんにせぇよ、ホンマ。
ゆとり世代か、おっとり世代か知らんけどぉ~。
ロッケンロール!
白石です。

photo by まっき~


ベニハゼ属の一種です。
此間から気になっててんけど、今日まっき~さんに仕留めてもろて来ました♪
なにこいつ~~~!
ちょっとホシクズベニハゼに似てるけど、虹彩の模様の入り方とか、雰囲気がだいぶ違います。
「なんやろ~~~。」けったいな奴でてくるなぁ~~~、最近ごっついラッシュです。


photo by まっき~


ホシクズベニハゼいうてたベニハゼです。
今日改めてホシクズベニハゼを『日本のハゼ』図鑑で調べてみてんけど、だいぶ違うことが分かりました。
『ベニハゼ属の1種-1』いうてるハゼがホシクズベニハゼです。
ほんでここに書かれてる特長は、『第一背鰭は伸張しない』『虹彩に黒色斑がある』と書かれています。
しかしセブのそれは、第一背鰭は伸張してるし、虹彩に黒色斑がありません...。
多分、こいつもベニハゼsp.なんやろなぁ~~~。
多分。


photo by brucelee


フトヤギです。
シダメルにしてやりました。
最近、こういう写真撮るの好きです。


photo by まっき~


コマチコシオリエビです。
綺麗な青抜きですわぁ~~~!
マンツーマンやったさかい、撮るところず~~~っと盗み見しててんけど、おもろいなぁ~~~♪
まずは普通に撮って黒抜きやったさかい、そこから絞りとシャッタースピード触りながら、だんだんこの青色出していかはんねん。
人がその写真を作り上げていくプロセスを見るのも、勉強になります。


photo by brucelee


???です。
実はこれ、まっき~さんの腕の肌。
なんやクラゲに刺された時に出来た湿疹を「気持ち悪い、気持ち悪い。」いうて自分で言うさかい、「ほな俺がメルヘンに撮ったるわぁ~~~!」いうて撮りましてん。
ほわぁ~~~っとボカして、ソウルの世界へ持ち込んだりましたわ♪
ちょなー! あなたの肌がー、しゅ、しゅきだからーーー! 
て、なにやっとんねん、ホンマ...。

2月、まっちゃんさん来るでぇ~~~!!

押忍!
2月5日頃からアクアスのまっちゃんさんが3週間ぐらいアクエリアスに手伝いに来てくれはります♪
まっちゃんさんと潜りたい方、是非この期間に潜りに来てくださーい!
生ける伝説やでぇ~~~!
俺もめちゃめちゃ楽しみやーーー!
白石です。

photo by まっき~


ストライプドドワーフゴビーです。
分布域は図鑑では、インドネシア、パプアニューギニア、ソロモン諸島、パラオ、トンガってなってます。
今後、フィリピンも盛り込んどいてもらいたいもんです。


photo by brucelee


謎のキュウセンです。
上のベニハゼを一所懸命探してて、「やっと見つけた!」思たら、ベラが来て隠れてしまいよんねん。
「このシチュエーションまたかぁ~~~!」思て、横バブルリングの構えしてたら...「ちょっと待てよ。」
このベラ見たことないやんけぇ~~~!!
思わずお客さんからカメラ奪って撮りましたわ。
なんやろこいつ~~~? 外人やろなぁ~、恐らく。
とにかく水中でこの青い縁取りが眩しかったです。
※調べてたら、Green-head Wrasse(Hemiulis chlorocephala)がかなり似てます!
図鑑では、パプアニューギニアの南東でのみ出てるようです。


photo by まっき~


イレズミハゼ属の一種です。
こいつもなにもんやろ~~~?
ベンケイハゼにしては、縞が薄いんです。
ほんでコベンケイにしては、体高が高い気が...。
ちょっと調べておきます。


photo by まっき~


カゲロウカクレエビです。
このエビ、好きです♪
ほんで油断してたら、結構おんねんね。 セブに。
バックライトとか、いろいろしたらおもろそうです♪


photo by まっき~


インコハゼの仲間です。
Exyrias akihito という学名がついてるのに、未だ和名のないハゼです。
やっぱり種小名に天皇陛下の名前がついてるさかい、なんや恐縮してよ~名前付けられへんのやろなぁ~。
お察し致しますわぁ~。


photo by まっき~


キハッソクyg.です。
8cmぐらいの子でした。
色薄いです。
やっぱり若いからぁ??


photo by まっき~


ドウクツシマベニハゼです。
リクエストやったんで行ってきました。
名前の通り、洞窟に生息する稀種です。


photo by まっき~


ブルーリングオクトパスです。
外人ヒョウモンダコです。
なんや一説によると、ヒョウモンダコより毒が弱いそうな。
ちゅうても、比べるアホおらへんやろうけどぉ~~~。

なにさらしとんねん~!

押忍!
今まで見たことないぐらいヒレに色の出たメガネベニハゼがおったさかい、大興奮してお客さん呼びましてん!
ほんで「ここです!」て指したら、ニシキキュウセン来てピャッて隠れてしまいよんねん...
「ぼけぇ!こらぁ~~~!!」いうて、ベラに横バブルリングぶつけときましたわ。
まぁ出来てへんやつやけど...。
白石です。

photo by MAKI


スプリンガーズドムワゼルです。
黒抜き!
このスズメダイは狙える環境なら、是非“黒抜き”狙って頂きたいもんです。


photo by MAKI


キャンディケインドワーフゴビーです。
on ポリプ。
ポリプを大事に撮って下さりました♪


photo by まっき~


アカククリです。
最近居付いてくれてます♪


photo by まっき~


アカククリです。
黒抜きバージョン♪
ほんまにアカククリやな。


photo by まっき~


ジャンズパイプフィッシュです。
クリーニングするヨウジウオだということが分かる、貴重な写真です。
このヨウジウオ、今、沢山いますよぉー。


photo by まっき~


テールスポットブレニーです。
こちらも大人しく居付いてくれてます♪
色彩豊かな種です。

何処まで行く気やぁーーー。

押忍!
円安が歯止めきかへん~~~!
止めてくれぇーーー。
店潰す気かぁー、コノヤロー。
白石です。

遅くなりましたが、スライドショーの公開です。
AQUARIUS DIVERS 2012 BEST
去年、お客様に撮って頂いた写真のベストです♪
みなさん、ええ写真撮ってくれてはりますので、とってもクオリティの高いスライドショーが出来ました♪
ありがとうございました。
2013年度も皆さんの写真でスライドショー作りますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します♪

photo by MAKI


ストライプヘッドドワーフゴビーです。
浅場の普通種です。


photo by まっき~


ベニハゼsp.です。
似てるよねぇ~~~、ストライプヘッドに。


photo by まっき~


スミレスズメダイyg.です。
小っさい個体やったなぁーーー。


photo by ちーちゃん


マルガザミです。
ちーちゃんさん、一眼が調子悪くて、コンデジで戦ってくれてはります。
でもコンデジならではの特性を生かした、やや広角のええ写真ですねぇ~♪

今、俺、波来てるわぁ~~~!

押忍!
自分、なかなかの甘党です。
どれぐらい甘党かいうたら、口に放り込んだキューピーコーワゴールドを不味なる一歩手前まで、いちいち舐めるぐらいの甘党です。
なかなかのもんやろ。
白石です。

photo by MAKI


エリボシベニハゼです。
セブでは初めて見ました♪
いえーい!


photo by brucelee


ベニハゼsp.6??です。
目の特長とかかなり似てるんですけど、体がシャープなんでちょっと微妙です。
これも初見です。 ほんまどんどん見つかるでぇ~!
最近、俺、ぐいぐい来てるなぁ~!
自分で言うのもなんやけど~~~。


photo by ちーちゃん


アカククリです。
ライティングでシバいてもらいました♪
ええ雰囲気でてますなぁ~!


photo by brucelee


フトヤギのウミシダ抜きです。
あえてどこにもピントは合わしてないです。
こういうジャンルを『ソウル』言うそうです。
“メルヘン”の向こう側、“おっさん撮り”の対極に位置します。
相関図は下記のようになります。
(絞る)おっさん撮り → メルヘン → ソウル(開放)

ピって押したら涼しなるやつ...

押忍!
出たでぇ~~~! キリガクレ!!
あ~、はいはいはいはい。
真田十勇士のぉ~~~!
て、ちゃうちゃうー、それは才蔵の方やがなぁ~!
キリガクレ、キリガクレ。 幻の魚やし~~~!
あ~、はいはいはいはい。
ピって押したら涼しなるやつやん、それぇ~~~!
そうそうそうそう、設定温度は28度でぇ~。
て、ちゃうちゃうー、それは霧ヶ峰やがなっ!
て、もー、ええわぁ~。
白石です。

photo by MAKI


キリガクレyg.?です。
とうとう出たよー。
恐らく、キリガクレで間違いないと思いますわぁ。
まだ7mmぐらいのちっさい個体です。
むか~しから、ずーっと憧れてたカワアナゴ科の魚ですわぁ。
オードリー・ヘップバーン見たとき以来のトキメキやったでぇ~!!
しかし改めて見たら、やっぱりカワアナゴの顔やなぁ~、特徴出てるわぁ~。
まぁ、海の魚やねんけど~♪


photo by MAKI


ミゾレウミウシです。
めちゃめちゃ綺麗なシチュエーションですわぁ。
この海草、撮る角度がめちゃめちゃ大事で、これ以外の角度から撮るとただの茶色の海草になります...。


photo by ちーちゃん


ビッグアイドワーフゴビーです。
名前そのまま和訳したら、オオメハゼみたいないなるけど、また別の外人ベニハゼです。
浅いとこの岩の裏によくいます。


photo by MAKI


シモフリタナバタウオです。
俺の中で、一位二位を争うネーミングセンスの素敵な魚です♪