It’s very common!

押忍!
marryiko さんがウミウシ好きやさかい、普段よりウミウシアンテナ立ててガイドしてますねん。
ただ俺、びっくりするぐらいウミウシ苦手やさかい、見つけたもんはとりあえず紹介する『数打ちゃあたるかも?戦法』ですわ。
ほなら砂地のちょっと深いところで、見たことないウミウシ発見♪
基本白いドーリス系やねんけど、なんやムラサキの点々で縁取られてて、その縁取りの中は黄色い点々が敷き詰められてますねん。
「うーわ! むちゃむちゃ綺麗♪ やばい! 俺、やってもーた♪」思て、はしゃいでたのも束の間...
帰って来て名前調べたら、『コモンウミウシ』やて。 「伊豆ではよ~さんおる。」いうて書いとんで...。
.....はしゃいでたん、恥ずかしい~!!
また、コモン(common)てぇ...。
そない“普通種”強調せんでもええがなっ!
白石です。

photo by sekkiy


アナモリチュウコシオリエビです。
久しぶりに見たぁ~~~。
これ『穴守中のコシオリエビ』じゃなくて、『穴守する中サイズのコシオリエビ』いう意味だそうです。


photo by marryiko


コモンウミウシです。
まさか、marryikoさんがホームグランドにしてはる伊豆の普通種とは...。
しかも伊豆の4大ウミウシにランクインしてる現実。
ちょっと勉強しよ思て、図鑑買うてもーたわ。


photo by sekkiy


コブシガ二の仲間です。
たまに見られる真っ白でゴツゴツな奴。
岩石岩男みたいなやっちゃで。


photo by marryiko


マダライロウミウシです。
ほんま、こうやって見たら、確かに牛やなぁ~。


photo by sekkiy


オキハギyg.です。
うわっ! ちょっとレアかも♪
イソギンチャク抜きじゃい!


photo by sekkiy


ニラミギンポです。
うわぁ、この筒の中に入ってる感じ、可愛い~~~♪


photo by marryiko


ブンブクの亡骸です。
みなさん、こんにちわぁ~~~!
セブのゆるきゃら、ぶんぶくんです♪

顔道

押忍!
『FACE』。
至る所にある“顔”を撮るジャンルですわ。
一見ふざけた感いっぱいのこのジャンル、しかし実に奥が深い。
顔といっても、その生物の顔そのものを撮っているわけじゃないので、
「この角度から見ると顔やけど、この角度から見ると全然顔じゃなくなる。」いうのは、よ~ある話し。
つまり、良いFACEを撮るには、“カメラを構える角度”がとても大事になってくる。
傾向から見ると、普段から“FACE”を撮っている人は空間を把握する能力が高く、また構図も豊かだ。
侮られへんでぇ~、FACEぅ~~~。
カメラのええ練習になるし、遠慮せんと撮りなはれぇ~~~。
白石です。

photo by sekkiy


そんなこんなで、今日もFACEです。
このチャツボボヤが2個並んだら、チャンスと思え!!


photo by marryiko


サラサウミウシyg.です。
ウミウシ好きのmarryikoさん、今日もウミウシ撮ってます♪


photo by sekkiy


コロールアネモネシュリンプです。
ティティンさん、このエビ好きみたい。
ガイドしたら、必ず見せてはる。
でも、こないだパラオから来たガイドさんにしつこく見せて、ちょっとウザがられてた...。
どんまい。


photo by marryiko


洞窟の入り口です。
ちょっと流し撮りで、ソウルな雰囲気♪


photo by sekkiy


ムチカラマツエビです。
一眼持ちたてのsekkiyさん、うち来て3日目になるので、そろそろライティングハラスメント受けて頂きました。
明日もなんかでやるでぇ~~~♪


photo by marryiko


カニの仲間です。
むっちゃ毛深い!!
ちゅうことで、マンモスクラブ。
誰がテキトーやねん!
白石です。

ピタゴラスイッチ♪

押忍!
オフィス蚊ぁ多いさかい、「バチッ!」いう青白いライトのやつ買いましてん。
ほなら今度はそれで落ちた蚊やハエを取りに、オフィスの中にアリの大行列が...。
人んちで、やりたい放題してくれよんで、ホンマ。
ほなら今度はそのアリの行列の先に、虫眼鏡装置組んだったらどうやろか?
ゴキブリホイホイの床に甘いエキス仕込んどいて、アリが集まって黒が増していったら、その床が虫眼鏡装置で焼け落ちて、それがスイッチで玉が転がり始めて...
(中略)
ほんで、最後に「ピタ、ゴラ、スイッチ♪」
て、んなアホな!
白石です。

photo by marryiko


FACEです。
おったやろ、こんなやつ『こびとづかん』にぃ~~~!
モクモドキオオコビト~~~!


photo by sekkiy


キャンディケインドワーフゴビーです。
床が可愛い~♪


photo by marryiko


イボウミウシです。
ごっついデコレーションやな。
すごっ!


photo by marryiko


イソギンチャクエビのペアです。
大きい方のほっぺ、おたふくかぜになってます。
これは、エビヤドリムシ。
寄生虫です♪


photo by sekkiy


ホシゾラワラエビです。
やっぱこのエビは、黒抜きやなぁー。
言うても、星空やさかい。


photo by sekkiy


今日のジョーさん。
スノーケルする韓国人見て、「ダグハン アニョン」言うてたで。
あ、ダグハンは「いっぱい」っていう意味。

捨て写真

押忍!
「これや。」思た被写体見つけたら、まずピントは二の次で、カメラの設定とストロボの角度調節しながらパシャパシャ撮って、露出と構図を決めてまいます。
これを“捨て写真”もしくは“捨てカット”いうて呼んでます。
白石です。

photo by marryiko


ピグミーシーホースです。
ええ子やなぁ~。
ず~~~~~っと居ってやぁ~~~。


photo by sekkiy


メガネベニハゼです。
このサンゴ、グリーンでめっちゃ綺麗♪


photo by sekkiy


メガネベニハゼです。
見据える向こうに、青いホヤ。
このホヤ、ホヤカクレエビが入ってるお馴染みのホヤとはまた違うホヤです。
入り口を縁取る太目の黄色い輪っかが特徴です。


photo by marryiko


イソギンチャクモエビ。
.....の向こうの小さいエビが気になるぜよっ!


photo by marryiko


ガラスハゼ。
.....のティティン抜きっ!!

お好み焼きして、ちょっと思たね。

押忍!
昨日家でお好み焼き焼いて食うてんけど、ちょっと思たね。
キャベツはやっぱ細かく切りすぎたら、歯ごたえなくなってアカンね。
ほんで“つなぎ”やけど、これも入れ過ぎたらもったりして、美味ないね。
あとジップロック形式になってへん青のり、なめてんのか。
白石です。

今日は砂地攻めてきたよー。

photo by sekkiy


イエローアイドカーディナルフィッシュです。
口の中、卵いっぱい入ってます。


photo by sekkiy


イバラタツです。
黄色の綺麗な個体やったよー。


photo by marryiko


ツユダマガイです。
砂地に行くといっぱいいる、ごっつ小っちゃい貝です。


photo by sekkiy


ソデカラッパです。
夜になったら結構見れるカニですが、昼間見れるのは珍しいです。
これは今、まさに砂に潜るトコ♪


photo by marryiko


ウミウシです。
綺麗に撮ってくれてはります。
なんとお客さん、大のウミウシ好き♪
そして俺は、大の苦手...。
今日は徹夜で勉強やぁ~~~!
て、嘘です。
明日に備えて、はよ寝よーーー。

小休止

押忍!
今日は久しぶりに潜らずに家にいてゆっくりした。
ごろごろーごろごろー。
たまにはええもんやな。
さぁ、また明日から頑張ろう♪
白石です。

最近マングローブが潮合うたさかい、何回か潜りに行ってましてん。
今日の写真は、そのときの写真。

photo by brucelee


ミナミトビハゼです。
まさかのマングローブメルヘンじゃい!


photo by brucelee


ホソスジマンジュウイシモチです。
これもマングローブ水面メルヘンじゃい。


photo by brucelee


バブルソウル。
こっちは従来通りの泡そのものをメルヘンにしたやつ。


photo by brucelee


バブルソウル。
ほんでこっちは、泡の中に入る光の一つ一つをメルヘンにしたもの。
ときめいたね、これに気付いたときは♪
逆にぃ~、俺の心をソウルに撮って欲しいぐらい、ときめいたね!

小次郎敗れたりー!

押忍!
今日はお客さんおらんかってんけど、ちょっと仕留めたい野郎がおったさかい、ボート出して行ってきましてん。
昨日 Julian OReilly さんと泥地の深場潜ってて、「何じゃこの背ビレ!!?」思て気になるやつが居ったさかい。

しかしなんやろ、今日はえらい大人の試合運びでしたわ。
まず逸る気持ちを抑えて、ポイントに着いてもすぐに潜らずに十分に潮上がるの待ちましてん。
言うても深場やさかい、透明度悪かったら下のほう暗いさかい、ちょっとでも抜けてもらわへんとハゼがごっつ敏感やねん。
ほんでさらに平行して、ターゲットライトの放電もしたってん。
俺のターゲットライト、調光できへんINONの細いやつやさかい、フル充電やったら眩しすぎて、ハゼすぐに引っ込んでまうねん。

機が熟したさかい、やっとエントリーしてボトムに着いてんけど、ここでもすぐに向かわずに、まず一つまみ泥をつかんで中層にゆっくり放ちますわ。
潮の流れ読んで、ハゼより下流か直角辺りからアプローチせぇへんかったら、自分の巻き上げた泥で首絞めてまうさかい。

ほんでいざハゼと対峙して、逃げへんそいつにストロボ浴びせまくりながら、思わず叫んでもーたわ。
「小次郎敗れたり!」
て、巌流島か!
白石です。

photo by brucelee


今日仕留めて来た謎のハゼです。
蓋開けたら、去年の9月14日に載せてたハゼと同種ですわ。
ただ前回まで載せてたのは♀の個体で、今回のは四角い第一背ビレの角から第4棘目が1本ぴゅーんと伸びます。
この身丈に似合わぬ長さの“物干し竿”...やはり貴様、佐々木小次郎か!!?


photo by brucelee


ヴォルケーノシュリンプゴビーです。
スタンダードな水深の調査もしてきました。
今年も30m台にいてくれてます♪


photo by brucelee


ハシナガウバウオygです。
ガンメル狙ってみました。
でもやっぱりガンメルは、被写体に対して垂直に抜きに掛からんと絵にならへんなぁ...。


photo by brucelee


ハナミノカサゴです。
イソバナに付いてたのをおもろいアングルでしばいたりました。
ウルトラマンと戦わせたくなるような、なんとか星人です。

あぁ~、やだやだ。

押忍!
なんや変な泳ぎ方してるフエダイがおった。
よ~見たら、一所懸命コバンザメを振り払おうとクネクネ泳いどる。
それでも何食わぬ顔して、ぴったり貼りつくコバンザメ。
こういうの“取り憑かれる”いうんやろなぁ~。
白石です。

photo by Julian OReilly


ヒレナガモエギです。
今日はちゃんとしたセビレの個体♪
ヒレ全開! リベンジ完了じゃい!


photo by Julian OReilly


ホシゾラワラエビです。
足元にワライボヤだらけぇ~~~。
落ち着かんのぉ~~~!


photo by Julian OReilly


カエルウオです。
「WOW!」いうてんで。


photo by Julian OReilly


ホソスジマンジュウイシモチです。
今日は時間帯計算して入ったさかい、マングローブえらい楽しめたよ~~~。
ゆっくり2時間コースじゃい!


photo by Julian OReilly


ウェッジスポットダムゼルyg.です。
このスズメダイのガンメルは、フィリピンならではやなぁ~♪

こ、この水深に...お前かい!

押忍!
40mのタカノハハゼ...。
どつくぞ!
白石です。

今日は深場と浅場と洞窟とナイト攻めてきました。
我ながら、こ、コアやなっ!!

photo by Julian OReilly


ヒレナガモエギです。
な、なんや!
ロッドが折れてもーとるーーー。


photo by Julian OReilly


アデオオモンハゼです。
今日はちょっと潮悪かったなぁー。
明日時間調整して、リベンジじゃい!


photo by Julian OReilly


ドウクツシマベニハゼです。
最近分類の進んだ種です。


photo by Julian OReilly


ビッグフットドワーフゴビー(Trimmatom macropodus)です。
パラオで見つけてた、むっちゃ腹ビレが長いシマイソハゼです(当時ベニハゼいうてたんですけど...)。
実は、冬底野郎にむかぁ~しから、分類されてました。
しかし、ビッグフットて...。 
ネーミングセンスの悪さは昔からやなっ!!


photo by Julian OReilly


ヒカリキンメです。
愛媛大学時代、柏島の方で研究してたので、よくバイクぶっ飛ばして帰ってきててんけど、
伊予市辺りの山から見れる松山の夜景がちょうどこんな感じでした。
そこまでギラギラじゃない、松山辺りの夜景いうところがポイントです。

あほーみたい

押忍!
上田正樹の『悲しい色やね』やけど、「Hold me tight♪」のとこ「あほーみたい」て聞こえんねん。
あれ、やっぱ狙てはんのかなぁ~?
ほんでもう一個言うたら、そのあと続く「大阪ベイブルース」も『大阪弁ブルース』や思てたわ。
あほみたい大阪弁ブルース。
なぁ!なんかしっくりくるし...。
白石です。

photo by Julian OReilly


ガルゴビーです。
今回リクエスト貰てたハゼのひとつ。
緊張したなぁ~~~!
行ったら前おったトコおらへんしぃ~。
まぁなんとかお見せすることが出来て、やれやれ...。


photo by Julian OReilly


サドルドドワーフゴビーです。
『ティモヤナギ』いうてたやつ。
名前あったんです。
学名見たら、Trimmatom sagma。
つまりシマイソハゼ属のハゼでしたわ。


photo by Julian OReilly


オキナワハゼの一種です。
暗いところにいる種です。
行くとこ行ったら、そこそこの確率で見れてます。


photo by Julian OReilly


オオヒカリキンメです。
俺、ヒカリキンメに関しては、かなりガイドの完成度上げてますわ。
まつくんさん! いける! 完全に機は熟してまっせぇ~~~!
今度、ワイドでいてこましましょ~♪